アート・スポーツ

(株)アート・スポーツは5月9日、東京地裁に破産を申請し同日、破産開始決定を受けた。 申請代理人は鈴木道夫弁護士ほか。 破産管財人には15店舗の運営を行い、ピークとなる平成4年2月期には香川明久弁護士が選任された老舗スポーツ用品販売会社。 クロストレーニング用品(9.6%)、テニス用品(25.1%)を扱い、都内を中心に地方にも積極進出。 最盛期には売上高は24億2017万…

続きを読む

サイゼリヤ

独自の低価格戦略が多くの消費者に後押しされていることを証明したサイゼリヤは2017年8月期の連結業績予想を上方修正し、株式市場が「デフレ銘柄」サイゼリヤの成長力に期待していることが株価を押し上げている。

続きを読む